バイオシス 世界初フィル方式の高濃度水素水サーバー

高濃度水素水のまとめ買いは高すぎるなら水素水サーバーをレンタルする方がコスパは良いです。飲む直前に出来たての高濃度水素水を作る水素水サーバーのレンタルのメリットや水素水を圧倒的に安く飲み続けられる機種、業務用でも使える機種も紹介。

バイオシス 世界初フィル方式の高濃度水素水サーバー > 水素水サーバーと水素水購入はどちらが安いか

高濃度水素水のまとめ買いは高すぎるなら水素水サーバーをレンタルする方がコスパは良いです。飲む直前に出来たての高濃度水素水を作る水素水サーバーのレンタルのメリットや水素水を圧倒的に安く飲み続けられる機種、業務用でも使える機種も紹介。

水素水購入より水素水サーバーレンタルが安い

水素水を出来るだけ安く飲みたい

水素水というと、アルミパウチかアルミボトル、もしく携帯用水素水生成器という選択肢になりがちですが、年単位で費用計算すると、かなり高額になります。人気のアルミボトルで販売されているI社の水素水は、1本310ml24本入りで約4,400円です。定期お届けにすると900円ぐらい安くなります。1日1本だと1ヶ月は少し持たない分量ですね。

ちなみにアルミパウチタイプだと300mlと少し内容量が少なく30本で約9,000円です。毎月お届けコースだと約2,000円安くなります。高濃度水素水なので、やや高めの値段設定ですね。

そもそも1日1本300mlほどの水素水で満足できるでしょうか。人間は1日に2リットルほどの水分補給が理想とされています。2リットルは結構きついので1リットルから1.5リットルぐらいは摂りたいですが、水素水を300ml飲んだところで果たして足りるでしょうか。

水素水には医学的な効果効能が無い、という情報が出てますけど、2007年には生物医学ジャーナル誌「ネイチャー・メディスン」では日本医科大チームが水素で活性酸素を撃退できると論文で発表し水素は細胞内で抗酸化作用があることを証明しています。学術論文も数もびっくりするほど多いです。それだけ将来性がある飲料水が水素水ですが、今のところ、ホントに購入単価が高いのが惜しいですね。

水素水の定番はアルミパウチに封入されているタイプで、大手飲料メーカーも、このスタイルで売っています。水素が抜けにくい構造で、保存期間も半年前後と長めなので、人気商品ではありますが、封の部分からの自然な揮発や開封で水素は失われていくので、開封後は一気に飲み干すことになります。

しかも、毎回購入する必要があるので、水素水にかかる年間費用は10万円前後になります。さらに飲んだ後にはアルミパウチや容器のゴミが発生して、エコの時代においてエコではありません。アルミパウチの水素水は、保存期間が長いですが、開封後は24時間程度で封入した水素量はゼロに近くなります。

水素水サーバーだと飲む直前に水素水を生成しますから、高濃度で新鮮な状態で飲むことが出来ます。しかもレンタル料金はバイオシスなら4,980円で水素水が飲み放題です。

水素水の濃度と溶存期間を比較する

かつて水素水として販売されていた商品のいくつかの水素濃度を調べたら、全く水素が入ってなかった商品があったという、衝撃的なニュースがありました。調べたのは国民生活センターですからデマでも何でもありません。そういうレベルの商品もあるということですね。水素水のブームは過ぎたにしろ、まだ関心を持っている人はいます。

現にスポーツジムなどでは水素水サーバーが設置され、会員限定のサービスとして飲み放題というところもあります。公的に水素水の効果効能が認められるのは、しばらく先かも知れませんが、日本医科大学の太田教授が水素による抗酸化効果を発表したことを考えると、期待せずにはいられません。水素を体内に取り込めば有害なヒドロキシラジカルという活性酸素が必要以上に悪さをしない効果があるから、ひょっとしたら特定の範囲内だけど病気治療にも効果が見込めるのではないか、という期待ですね。

それでも水素水に魅力がある、天然水、浄水、RO水のように水素水を選択肢のひとつとするならば、美味しく高濃度の状態で飲みたいものです。そのためには水素水の、

・鮮度
・溶存期間(水素が水に含まれる期間)

この2点はチェックする必要はあると思いますね。今のところ水素濃度は商品に表示されている数値を信用するしかないのが現状です。あとは第三者機関の水素濃度に関する証明書のようなものがあれば、一定の濃度はあると見て良いのではないでしょうか。

水素水は作りたてを飲むのがベストです。個別に包装されるアルミ缶タイプやアルミパウチタイプは、水素水が詰められた瞬間が最も濃度が高くて新鮮です。水素が抜ける事は無いとメーカーサイドは言っていますが、プシュッと開封したときから短い時間で飲み干さなければ十分な水素が溶存した状態にはならないという情報もあります。

水素水サーバーのバイオシスならば、常に水素水が新鮮な状態で飲めます。しかも水素の溶存期間は5日という長い期間ですから、ゆっくり飲んでも品質の良い水素水が取り込めるということです。

水素水サーバーの電気代

水素水を購入する方が良いのか、水素水サーバーをレンタルする方が良いのか、いろんな方向から比較検討するわけですが、水素水サーバーの電気代は見逃すことは出来ませんね。購入の場合は電気代を必要としないので、水素水サーバーのレンタルを検討するための情報として電気代を調べてみました。ウォーターサーバーなら電気代の情報はたくさんありますが、水素水サーバーの電気代は触れられてないことが多いですね。

電気代の計算は、そもそもちょっと複雑です。契約している電力会社、電気料金プラン、電気製品の使い方などで、同一の家電製品を使っていても電気代にはバラツキが発生します。あくまでも参考値として見て頂ければと思います。

単純に計算するとしたら、まず、電気料金プランから1kWhの単価を確認します。ほとんどの場合は20円台です。全国家庭電気製品公正取引協議会で定めている1kWh単価は、27円を計算の為の初期値としているので、これ以上高い単価は、どの電力会社でも設定はしていないでしょう。法人契約はともかく、一般家庭向けなら誰も契約しなくなりますよね。

水素水サーバーの消費電力が分かれば、およその見当はつきます。おすすめの水素水サーバー「バイオシス」の電気代を求めてみましょう。バイオシスの電気代はゼロです。常温の水素水を生成しますが、温めても水素が抜けないという特徴があり、水素の溶存期間も5日間と第三者機関による証明がなされています。電気分解による水素水生成ではなくフィル方式という世界初の方法が水素長持ちの秘密です。

水素水サーバーの中には、冷水、温水、水素水を出せる機種もあります。しかし水素が入るのは水素水だけです。温水と冷水は浄水です。この手の水素水サーバーに関しては電気代が消費電力の表示がありますので、負担しなければなりません。およその浄水の冷却と温めに必要な消費電力は、冷却で80Wから150W、温めは300Wから350Wが相場です。

水素水サーバー おすすめランキング

水素水サーバーと水素水購入では、水素の溶存期間が5日間で温水でも水素が抜けない、世界初のフイル方式(一般的には電気分解)による水素水サーバーのバイオシスをおすすめします。水素水購入は店舗から持ち運ぶのが大変ですし、通販の定期配送だとしてもゴミの処分や保管場所も必要になります。しかも空けた瞬間から水素が抜けていきます。

かつて国民生活センターがランダムに国内で製造販売されている個装の水素水を調べたところ、水素が入っていない水素水の商品があったという調査結果は話題になりました。また、比較的新しい話題としては、平成29年には独立非営利法人が消費者庁に対して、水素水を販売しているメーカーや紹介記事を書いているサイトの広告などが優良誤認表示に該当する場合は、措置命令を出すよう求めています。

水素水を取り巻く環境は決して良いものではありませんが、多くの人が水素水の可能性に期待を抱いているのは確かでしょう。研究が進んで医療分野や美容分野に良い影響を与える存在になることを期待して、水素水を今から飲み続けてみたいという積極的な方のための水素水サーバーランキングです。

やはりバイオシスは世界初の水素水生成方式を採用しているところが強みです。高濃度に拘った水素水サーバーです。月額料金が定額でレンタル出来て、しかも飲み放題という点は大きなメリットです。卓上式で設置スペースも省スペースで納まります。水素水は常温のみなので天然水ウォーターサーバーのように湯を沸かすことが無いですから、電気代も大きな負担にはなりません。常温は身体に馴染みやすいので、高濃度の水素水を飲むには丁度よいのではないでしょうか。

個人的に水素水サーバーを使っている人から聞いたのですが、水素水の医学的根拠は無いにしても、体感として、

・朝の目覚めが良い
・二日酔いを引きずらなくなった
・便秘が最悪な状況より5割程度軽くなった
・炊飯に使って違和感はない

ということでした。